部屋探しの前に不動産屋に辿りつかない

今時考えられないような、オンボロ物件に住んでいる。部屋探しをして引越さないと気が狂うほど、雨漏りや隣の騒音など問題が山積み。もう部屋探しをすると、硬く決めて行動を開始する。

ある程度良さそうな物件の目星が付いたので、仕事が休みの日に不動産屋に行くことにした。しかし、会社と日々の買物以外はあまり出歩かない性分なので、道に迷ってしまったみたい。以前この辺で見かけた気がするんだが…。いきなり思い立って部屋探しをするとは自分でも思っていなかったので、気に留めていなかったからなぁ。人に尋ねるのもなんか恥ずかしいし。どうしたものか…と歩き回っていると看板が見え、あった!見つかって良かった。

部屋探しに入る前にビビる

中に入ると受付は綺麗な女性の方だった。なんだか少し緊張してしまう。しかしそんなことでビビッてたら、納得する部屋探しは出来ない!落ち着くように心掛けながら見つけてきた物件情報を伝えると、その詳細情報や新たに他の物件も提案していただいた。うわぁ…すごく迷うなぁ。いくらじっくり選ぶとは言っても、流石に全部見に行くわけにはいかないから、ここである程度は決めなきゃいけないのに。失敗してはいけない、という気持ちが強すぎて中々決断できない。

部屋探しのテンションが上がって

そうやって唸りながら悩んでいると受付の方が「ゆっくりでいいですよ。部屋探しは大事なことですから」と優しい笑顔で言ってくれた。綺麗なだけじゃなくて、すごく優しい方だ。いや、仕事だからか。でも嬉しい。少しテンションが上がってしまったので、もうその勢いで決めてしまおう!失敗してはいけないとは言っても、決められないなら意味無いじゃないか!回れるのは時間的に三件ぐらいだろうか。よし、この三件の中から決めてしまおう!次は下見だ!

Copyright 部屋探しをして引越さないと気が狂う 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します