部屋探しで気に入ったところは条件付き

今時考えられないような、オンボロ物件に住んでいる。部屋探しをして引越さないと気が狂うほど、雨漏りや隣の騒音など問題が山積み。もう部屋探しをすると、硬く決めて行動を開始する。

しかし実はこの物件、今現在空きがあるわけではなく、来月いっぱいで契約が切れる入居者がいて、契約を更新しなければ入居できるという条件付き。下見前から分かっていたことだけどね。それが一週間後にわかるらしいので、一週間後に電話で連絡という話になった。面倒だけどそれでも諦めきれないほど気に入ってしまったので仕方が無い。どうかその入居者さんが更新しないように願うばかりだ。まだまだ部屋探しは続くよ、どこまでも。

部屋探しの結果待ちは辛い

そうこうしているうちに、約束の期限になった。いよいよ今日電話が来る予定。そわそわしてしまって、正直仕事が手につかない。休み時間か帰宅後を指定しておいたので、くるタイミングは決まっているというのに、一日中緊張してしまう。前回の部屋探しではこういう事態にはならなかったので初めての経験。休み時間にはかかってこなかったから、結果は帰宅後まで持ち越されてしまった。仕事は手につかなかったがミスはしなかったからまぁ大丈夫だろう。

部屋探しの第1希望のところ

いよいよか〜、もしも無理だったら1件目に下見したところにしようと思っている。そちらは空きに大分余裕があるらしいので、後で決めてもたぶん大丈夫とのことだったし、また最初から部屋探しをするのはさすがに嫌だしな〜。そう心に保険を掛けながらも、やっぱり第1希望のところが良いなぁというのが本音。しばらく待っていると電話が鳴った。思わず心臓がドキッとする。なんでこんなに緊張しているんだろう、と自分で笑いながら電話に出た。

Copyright 部屋探しをして引越さないと気が狂う 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します