部屋探しをして引越さないと気が狂う

今時考えられないような、オンボロ物件に住んでいる。部屋探しをして引越さないと気が狂うほど、雨漏りや隣の騒音など問題が山積み。もう部屋探しをすると、硬く決めて行動を開始する。

もういい加減我慢の限界だ。部屋探しをして引越しをしようと思う。今までも何度も頭を過ぎってはいたけれど、面倒臭いからと考えないように、気にしないようにしてきた。だけどもう無理。欠陥だらけで気にならないわけがない。まずは水漏れが酷すぎる。今の時代、雨漏りなんてそうそうお目にかかれるものじゃないだろう?それなのにこの大量に出来た天井のシミは何なんだ。雨が降る度に家の中で奏でられる素敵なメロディーはもう聞き飽きたよ。

部屋探しをしたい理由

そして騒音も酷すぎるんだ。隣の住人は若い男性なのだが、何故か夜中に大音量でギターの練習を始める。上手いバラード曲だったりするのならば、それは素敵な子守唄となるのかもしれないが、お約束とも言うべきか、これが聞くに堪えないほどの初心者レベルで。おまけに気分が乗ってくると歌も始まるのでたまったもんじゃない。注意できればいいのだが、この物騒な世の中で隣人トラブルは避けたい。次の部屋探しの時には騒音にも注意しなければ。

部屋探しは二度寝の為にする

あともう1つ、職場から遠いことにも嫌気が差してきた。大学から近いということで選んだ物件だが、卒業して就職した場所は少し距離のある会社。だからと言って通えない程遠いわけではないし、何より準備やら入社直後の疲れなどで今までとても部屋探しが出来る状態ではなかった。だけどそれが一段落して緊張が解けてきた今は毎朝の早起きが辛くてならない。あと10分だけ…そんな心地よい二度寝を実現させる為にも何とか時間を作って部屋探しを始めよう。

Copyright 部屋探しをして引越さないと気が狂う 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します